工藤さんのブログ

思いつきでやったり、調べたりしたことを発信するブログ。

【書評】モヤモヤ解消!「ゼロ秒思考」の爽快感が凄いぞ!

      2017/09/04


th_IMG_3516

2016年に読んだ本の中で一番のヒット。マッハで考えを整理できるようになるための本です。

スポンサードリンク

 

悩みと思考の違い

ふだん、私たちが考えてることというのはだいたい頭の中で同じことをグルグル考えています。
本書では、その頭の中のグルグルを紙に書き出して思考を高速で整理できるようになるための訓練法が書いてあります。

思考整理の訓練方法

  1. A4の白紙を用意し、横に置きます
  2. 1分のタイマーを開始します
  3. 左上に考えたい内容のタイトルを書きます(例 課長の機嫌が悪い理由)
  4. 右上に西暦から日付を書きます(例 2016-05-05)
  5. タイトルに関連する考えを20〜30文字程度で4〜6行書く

やってみると分かりますが、1分はすぐに終わります。
時間制限が厳しいので、集中して考えを書き出すことになります。
書いてみると書き出した4〜6行の中にもっと考えを深めたい文章が出てくるので、今度はその文章をタイトルにし、また1分で考えを整理します。
これをスッキリするまで繰り返します。

考える内容は何でもいいです。
とりかかる時点で一番気になってることを書きましょう。
今夜の夕飯とかでもいいです。
誰に見せるわけでもないので、マジメ路線でも不マジメ路線でも好きにやりましょう。
ちなみに、私がやってみた内容を例として載せておきます。

  • サシ飲みの効果について
  • シェアハウスで得たもの、失ったもの
  • 後輩に恋人を作ってみよう
  • オモシロイってなんだろ?

時間制限の関係上、遠回しな書き方ではなくストレートな書き方になります。
ほんとに思考がタレ流しになる感じ。
で、その思考タレ流し状態を時間制限で無理やり高速化していくので、継続的にやっていれば普段の思考もだんだん高速化するって寸法です。

やってみた感想

「考えを広げるなんていくらでもできるぜ!」と思ってやってみましたが、1つのテーマでは20枚もいきませんでした。
仮に書く枚数が20枚であれば、かかる時間は20分です。

やってみると分かりますが、考えを全部紙に書き出すと頭の中が非常にスッキリします。
時間に対する爽快感の費用対効果がメチャクチャ高いです。
5枚超えたあたりから、だんだん思考が加速して俺TUEEEな気分になれます。

また、ストレス発散や現実逃避としての費用対効果もゲームや映画より圧倒的に高いです。
紙に書き出すとイライラの原因とかも客観視できて大したことないと思えますし、紙に書き出すという外部出力をやっている安心感からあっさりイライラを忘れることができます。
イライラモヤモヤしたときは騙されたと思ってやってみてください。
やたらと効果があります。

おわりに

読み終わったのは2〜3ヶ月前ですが、相変わらず紙に書き出すのが楽しいです。
500枚入りのコピー用紙も半分以上消費しましたし、テーブルなくても書けるようにクリップボードも買いました。
爽快感がすごいのでモヤモヤしている方は試してみてはどうでしょうか。

 -