工藤さんのブログ

思いつきでやったり、調べたりしたことを発信するブログ。

【ハースストーン】ヒーローの特徴をマジックザギャザリング(MTG)の色に例えてみた

      2017/09/04


ヒーロー

総プレイ時間が6時間を超えました。全ヒーロー触ってみたので、各ヒーローの特徴とマジックザギャザリング(以下、MTG)の色に例えると何色かについて、独断と偏見で解説します。

スポンサードリンク

 

メイジ

th_Jaina

単体に6ダメージのファイアボールや全体に4ダメージのフレイムストームなど豊富な直接火力魔法が使えるヒーロー。ヒーローパワーも単体に1ダメージと直接火力魔法。初期デッキの使用感は赤単スライが近い。

MTGに例えると:赤単

ハンター

th_Rexxar

コスパの良い軽量ミニオンで相手ヒーローをボコボコに殴るヒーロー。ヒーローパワーも相手ヒーローに2ダメージと盤面の制圧よりも本体を叩くことに特化した性能。初期デッキの使用感は獣が多いことも相まって緑単ストンピィが近い。

MTGに例えると:緑単

ウォーロック

th_Gul'dan

マナコストに比べて性能が高い反面、召喚時に自手札破壊や自分にダメージがあったりするミニオンがいるヒーロー。ヒーローパワーもライフを払ってカードを引くという強力だけどデメリットがある効果。初期デッキの使用感は黒単スーサイド。

MTGに例えると:黒単

スポンサードリンク

 

ドルイド

th_Malfurion

1ターンだけ2マナ追加される練気や次ターン以降のマナが1増える野生の繁栄などマナ加速ができるヒーロー。ヒーローパワーは自分自身に+1/+1して戦闘に参加できるようになるMTGにない仕組みのもの。初期デッキの使用感はラノワールのエルフでマナ加速し、大型クリーチャーを展開する緑単が近い。

MTGに例えると:緑単

プリースト

th_Anduin

単体除去や回復が得意なヒーロー。展開は遅いが、盤面を確実に制圧していける。ヒーローパワーは対象を2点回復させるというもの。自分自身の回復にもミニオンの回復にも使えるため、盤面を制圧していく上ではかなり有用。初期デッキの使用感は回復が盛り込まれつつ、盤面を掌握していくところから白単コントロールを彷彿とさせる。

MTGに例えると:白単

ローグ

th_Valeera

自分自身にデメリットのあるカードやメイジほどではないにせよ小回りの効く直接火力スペルがあるヒーロー。ヒーローパワーでは自分自身で武器を装備して攻撃ができる。軽量級の使いやすいミニオンがおり、赤黒ウィニーをイメージしてもらえると近い。

MTGに例えると:赤黒

スポンサードリンク

 

パラディン

th_Uther

優秀なbuff、debuffがあり、自分自身も武器を持って戦えるヒーロー。なんでもできる万能型で、着実に盤面をとれる。ヒーローパワーは1/1のミニオンを召喚できるというもの。エンチャントが強力で、攻撃も防御もできてトークンが呼び出せるので白単のような戦い方ができる。

MTGに例えると:白単

シャーマン

th_Thrall

除去もできるし、速攻もコントロールもできるヒーロー。なんでもできる反面、器用貧乏になりがち。ヒーローパワーは4種類の中からランダムにミニオンを召喚できるという運の要素が高いもの。呼び出せるミニオンは挑発持ちや全体回復持ちなど、パワー/タフネスは弱いが効果は有益なもの。MTGで例えるなら、強いて言えば緑?

MTGに例えると:緑?

ウォーリアー

th_Garrosh

防御に特化したヒーロー。自分自身で武器を持って戦い、ヒーローパワーを使って自分自身に装甲を足していくことができる。装甲値はライフの身代わりとなる値で、装甲値を0にして、初めてライフが減るようになる。本体が暴れるヒーロー。プレイヤー自身が戦うシステムはMTGにはないため、該当色はなし。

MTGに例えると:該当なし

まとめ

以上、独断と偏見で各ヒーローを解説してみました。ちなみにハースストーンでは、相手ターンに行動できないので相手のスペルを打ち消す「対抗呪文」はありません。従って、青は該当者なしです。ちなみに黒の手札破壊や赤の土地破壊もないみたいです。

わたし自身はMTGでは赤、緑、黒のウィニーばかり使っていたのでヒーローもメイジ、ハンター、ウォーロックばかり使っています。ちなみに、わたしがMTGやっていたのはテンペスト〜ウルザシリーズあたりなので、現環境での用語や各色のイメージとはかけ離れている場合がございます。あしからず。

 - ゲーム, ハースストーン