工藤さんのブログ

アナログゲーム、料理、海外旅行のブログ。

自作ボードゲーム販売への道・説明書編

      2018/08/18

スポンサードリンク

 

ゲームマーケット2018秋に出展予定の工藤さんです。

ゲーム販売にあたり、説明書を作成しました。

制作の流れ、つまづいたところを紹介します。

「読んでわかる説明書」を目指しましょう!

スポンサードリンク

 

説明書に必要な要素を洗い出す

まず、ボードゲームの説明書に必要な要素を洗い出します。

  • ゲームの概要
  • ゲームの内容物
  • ゲームの準備
  • ゲームの流れ
  • その他のルール

(ほぼ)すべてのボードゲームの説明書に上記要素があります。

上記を見出しとして、階層構造を意識して書き進めましょう。

説明書の形式を決める

箱のサイズと説明分量を考え、1枚ペラ、カード、小冊子など説明書をどういった形式にするか考えましょう。

1枚ペラの説明書

自作ボードゲームで一番多い説明書が1枚ペラでの説明です。

費用がそこまでかからず、説明できる分量もそこそこ多いです。

サイズ:A4やB5など。箱のサイズによる
紙の折り方:2つ折りや4つ折りなど。説明の分量による

「8ビットモックアップ」とかこのタイプです。

カードの説明書

ルールが簡単なゲームに多い説明書です。

プレイングカードと同じ規格で、そのうちの1〜4枚ほどが説明カードになっているタイプです。

説明できる分量は少ないですが、他のカードと同じように印刷所に入稿できるため費用が安いのが魅力です。

サイズ:プレイングカードと同じ

「Not My Fault! ~俺のせいじゃない!~」とかこのタイプです。

小冊子の説明書

説明できる分量がもっとも多いのが小冊子タイプの説明書です。

他の説明書に比べて費用がかかるため、あまり自作ボードゲームでは見かけません。

海外のゲーム会社が販売しているゲームに多い説明書のタイプな気がします。

ページ数を増やすほど説明できる分量が増えますが、費用がかさみます。

サイズ:A4やB5など。箱のサイズによる
ページ数:箱と予算に収まる範囲で自由に増やせる

「カタン」や「ドミニオン」はこのタイプですね。

説明書の構成を紙で仮組みする

1枚ペラで作成する前提で話を進めます。
カードや小冊子でも基本的な考え方は変わりません。

最初はコピー用紙などに何をどこに書くかを書き出してみましょう。

2段組にするか4段組にするか、表面のみか表裏を使うか、このときに考えましょう。

説明の流れがわかりやすいか、説明の境目が表裏の境で分断されていないかなど意識しましょう。

スポンサードリンク

 

Excel(Googleスプレッドシート)で作成する

印刷予定の紙のサイズで、実際に文字入れをしてみましょう。

説明に必要なイメージ画像や図は四角形で仮の画像をいれます。

文字サイズは8〜10ptは確保します。

実際に文字入れをしてみると、文字数の関係で考えていた構成が難しくなることがあります。
文章の内容を変えたり、構成を見直して紙面におさまる形にしましょう。

使用する文字フォントについては、この時点ではメイリオでOKです。

文字フォントは、あとで検討します。

イメージ画像や図を入れる

文字で丁寧に説明しても、図での説明には勝てません。

難しい部分のルール説明では、用意が面倒でもイメージ図は用意しましょう。

商用利用可能のフリー素材を駆使したり、絵が書ける知人に対価を払って頼みましょう。

しっかりしたイメージ図の用意が難しい場合、Excel標準で搭載されている簡単な図でもいいので用意しましょう。無いより格段に理解がしやすくなります。

プリントアウトして確認

できあがったらプリントアウトして見直しましょう。
画面では気づけなかった問題に気づけます。

プリンタがなくても、コンビニのコピー機で印刷すれば1枚10円で確認できます。

できれば、1日たってから読み返した方が間違いには気づきやすいです。

テストプレイで読んでもらって内容をブラッシュアップ

自分で読んで「完璧!」と思ったら、ゲームをまったく知らない人に印刷物を読んでもらいましょう。

自分では気づけない「わかりづらい点」「勘違いしやすい点」が見つかります。

自分自身はゲームのルールがすべて頭にはいっているため気づけないんですよね。

説明書とプレイ会での指摘の具体例

テストプレイで指摘をもらう → 指摘に対応 → 別の人に見てもらう を繰り返してブラッシュアップしていきました。

だいたい5回くらい人に見てもらいました。

以下、もらった指摘事項のまとめです。

  • プレイの流れにそっていないと、初見で読みながらプレイできない
  • 用語説明は用語説明、ゲーム説明はゲーム説明で明確にわけてほしい
  • 説明が表面と裏面で分断されると、読みづらい
  • 四角で説明を囲むなら、四角の大きさはそろえてほしい
  • イラストがないとイメージがわかない

フィードバックをすべて反映した説明書がこちらです。

説明書P1

説明書P2

表面に「ゲームの流れ」をまとめ、基本的に表面を見ていればゲームがプレイできる構成にしました。

追加で必要な情報については裏面にまとめてあります。

IllustratorやPhotoshopで整形する

入稿前に文字間隔や行間を調整するため、描画ソフトで整形します。

IllustratorやPhotoshopを持っていない方は知人にお願いするか、Inkspaceあたりのフリーソフトで頑張りましょう。
わたしは知人に仕上げの整形はお願いしました。

文字フォントについてもこの段階でキチンと検討しましょう。

文字フォントはゲームの雰囲気を伝える重要な要素です。

一人で悩んだら、テストプレイで遊んでもらった人に意見を求めるのもありかと思います。

個人的にはこだわりがなければ源ノ角ゴシック源ノ明朝がおすすめです。

文字フォントについては、こちらの記事もどうぞ。

まとめ

自作ゲームで説明書を作成するまでの流れに関する説明でした。

説明書づくりは、ゲームのルールを考えるときとは違い地味であまり面白くない作業になります。

ただし、説明書でルールが伝わらない場合、購入してくれた人にゲームを楽しんでもらうことができなくなります。

あなたも頑張って考えたゲームをやってもらえませんし、みんなが不幸になりますね。

買ってくれた人にゲームを100%楽しんでもらうためにも、がんばってわかりやすい説明書を目指しましょう!

 - ゲーム自作