工藤さんのブログ

思いつきでやったり、調べたりしたことを発信するブログ。

2泊3日中国旅行記 前編 – 日本出発〜上海観光

      2017/05/11


上海夜景

06/16〜06/18の土日に有給をつけて2泊3日の上海・蘇州旅行に行ってきました。海外旅行は人生2回目です。

上海は中国最大の都市で蘇州は東洋のベニスと呼ばれる街です。新幹線で30分の距離なのでサックリ回ってきました。

航空券は3人1部屋のホテルがついたツアーパックを利用して28000円。飛行機とホテル以外はフリーのプランです。お安い。

今回の記事では1元17円で計算します。





日本出発

成田着

上海へのフライトは10:55発。金曜に有給を取り、高速バスに揺られて朝一で成田空港に向かいました。

中国東方航空

航空会社は中国東方航空。中国の大手航空会社です。乗務員には日本人もいました。

成田

管制塔からの離陸指示待ちとかで予定時間通り出発しないことに。暇つぶしに空港の風景をパシャリ。

中国広告

待つこと1時間程度。無事に乗れました。機内の広告が中国語で書かれてます。さすが中国の航空会社。

機内食

中国東方航空はLCCではないので機内食も出ます。機内食はパン+ご飯+寿司とまさかの炭水化物攻めでした。

つけあわせもピーナッツや饅頭と攻撃力の高い布陣です。

全部たべたらお腹一杯になること間違いないメニューでした。

中国着〜リニア

成田空港から飛行機で運ばれること3時間、浦東国際空港に着きました。

全家

空港内の全家(FamilyMart)。漢字表記されていると中国に来た感があります。

パックのホテルが上海駅なので、まずはチェックインのために上海駅を目指します。

磁浮

浦東国際空港から上海駅までは地下鉄で1時間15分。上海トランスラピッドというリニアモーターカー(以下、リニア)と地下鉄を使えば45分程度になります。リニアの乗り場には浦東国際空港の2階から直通で行けます。

浦東国際空港から上海駅までは地下鉄で1時間15分。上海トランスラピッドというリニアモーターカー(以下、リニア)と地下鉄を使えば45分程度になります。リニアの乗り場には浦東国際空港から直通で行けます。磁浮がリニアのことです。

せっかくなので、世界で中国にしかないリニアに乗ることにしました。

リニア乗場

リニア乗場。飛行機と同じように荷物検査して乗り込むことになります。

リニアチケット

リニアチケット。1枚50元(約850円)なり。購入時にパスポートの提示を求められました。チケットは使いまわしで、降りるときに回収されます。何回も使ってるのでボロボロ

ちなみに地下鉄だけで移動すれば7元(約119円)で上海駅まで行けます。リニアは完全に観光客向けのアトラクション感覚の乗り物になってます。

リニア

リニアモーターカー。割と汚れてる。

リニア車内

リニア車内3

リニア車内は日本の新幹線とほぼ同じ作りです。割と空いてました。割高だから観光客しか使わないのかな?

速度計

車内には時速計があり、速度がわかるようになっています。乗車中は300kmまででました。

龍陽路駅

リニアで龍陽路駅に到着。「龙阳路站」は「龍陽路駅」の簡体字です。全然ちがう。

地下鉄フリーパス

窓口で地下鉄乗り放題のチケットが売っていたので購入。15元(約255円)で1日乗り放題、45元(約765円)で3日乗り放題のチケットが購入できます。だいたい地下鉄でとなりの駅へ移動すると3元(約51円)くらいかかります。1日に何回も電車に乗る予定なら乗り放題チケット購入はオススメです。

地下鉄

中国の地下鉄内もスマホでゲームしてる人がいたり、日本とあまり変わらない感じでした。

日本との違いとして、乗り込み時に列で並んでいて、乗ってる最中でも車両ドアを閉めてきました。警告音と同時に締めてくるのではさまれそうになります。というか、旅行中に一回はさまりました。

上海〜夕飯

上海火车站

電車を乗り継いで上海火車駅につきました。上海火車駅は上海駅の真下にある地下鉄です。

上海

無駄に広い上海駅前。

中国銀行

両替のため、上海駅から歩いてすぐの中国銀行に行きました。

空港よりも中国国内の銀行の方が換金レートが良いため、メインの換金は銀行で行いました。銀行までの交通費は1人3000円を日本国内でやってきました。日本のレートは1元17.1円程度でした。

銀行内に入ると「ニホンエン、レートギンコウヨリオトク」と片言の日本語で両替商に話しかけられました。正規じゃない両替商が銀行内で業務をしているようです。警備員さんもスルーしてるし、フリーダム。

偽札とか渡されてもアレなので、銀行窓口でちゃんと両替しました。レートは1元16.4円。20000円換金して1220元になりました。

両替もできたので、宿泊先のホテルに荷物を置き、夕飯に向かいます。

南京東路

夕飯を食べるため、地下鉄で南京東路に移動。

ディズニーストア

南京東路の公式ディズニーストア。公式なのに、なぜか闇を感じる。

夕飯は「三人行骨头王火鍋」で食べることにしました。「三人行骨头王火鍋」は上海市内に広く展開しているチェーン店で日本人向けの火鍋が食べられるとのことです(地元民情報)。

三人行骨头王火锅(南京东路二店)

火鍋

頼んだ火鍋がこちら。結局、白い鍋は食べられましたが、赤い鍋は全員が辛すぎて挫折しました。夕飯代はお酒をたくさん頼んで一人あたり105元(約1785円)でした。飲み会代としては安い。

夜景〜乗車拒否

上海夜景

夕飯を食べ終わったあとは上海タワーの夜景を見に外灘エリアへ歩いて移動。

上海タワー観光客

夜景が見えるスポットは観光客で混雑してました。

観光スポットで写真を撮ったり、はしゃいでいた結果、終電を逃しました。事前に時間を調べていなかったのですが23時の時点ですでに終電がありませんでした。

th_IMG_3959

仕方ないので大通りを歩きつつタクシーを探します。

th_IMG_3964

観光客らしき人もチラホラおり、タクシーを捕まえようとしていますが全然タクシーがつかまりません。というか、止まってくれません。

th_IMG_3963

さまよい続けていたら、だんだん人も少なくなってきました。

あとで少し調べたところ、上海の観光スポットではタクシーが捕まりにくいようです。芙蓉峰の如是我聞 上海のタクシーもひどくなりました

結局、中国語を話せる友人が一般人と交渉して、お金を払ってホテルまで自動車で送ってもらいました。中国語話せる人がいなかったら詰んでた。

知らない土地でタクシーを求めて一時間以上歩き続けたので、全員疲れてホテルに戻ったら即就寝。

長くなったので後編へ続きます。

2泊3日中国旅行記 後編 – 蘇州観光〜上海観光〜日本帰国

 
安心のJTBで行く海外ツアー!


 

 - 中国, 旅行