工藤さんのブログ

思いつきでやったり、調べたりしたことを発信するブログ。

【100選】1万冊以上読んだ中から選ぶ絶対に面白いオススメ漫画ランキング!!【2017年版】

      2017/06/23


パンプキンシザーズ

漫画が好きです。

子どもの頃から漫画ばかり読んでるので1万冊以上は読んでます。

最近も漫画アプリやKindleで毎日、何かしらの漫画を読んでます。

そんな私が主観たっぷりにオススメの漫画をランキング形式で100作品紹介します。

スポンサードリンク

 

目次

ルール説明!

ルールはしっきーさんが考案したルールを採用します。選定基準は以下の4つ。

・「完結済」、「連載中」の区別はしない。
・同じ作家の作品をランキングに入れない。
・漫画の神様的な位置づけの人達はランキングから除外する。
・客観的な評価基準があるわけでなく僕の主観でなんとなく順位をつける

(除外リスト:手塚治虫 石ノ森章太郎 横山光輝 赤塚不二夫 さいとうたかを 水木しげる 松本零士 楳図かずお 藤子不二雄 長谷川町子 さくらももこ ちばてつや 永井豪)

おすすめの漫画ベスト100をランキング形式で紹介する – しっきーのブログ

追加で個人ホームページで公開してるWeb漫画は除外します。

Web漫画について、面白かった物はコチラにまとめてあります。

無料で読める!おもしろいオススメWeb漫画まとめ(随時更新) | kdsn.xyz

あと、ランキングは敬称略でお届けします。ご了承ください。

長すぎて手が止まるって方は30位からどうぞ!

100位 山賊ダイアリー / 岡本健太郎

猟師が実体験をもとに描く漫画。

岡山県で狩猟免許を獲得した主人公(作者?)が依頼されてカラスを追い払ったり、ウサギを撃って食べたりする。

ウサギを唐揚げにして、脂身のないヘルシーな鶏肉と言ったり、カラスを食べてパサつく牛肉と評したり、とりあえず食べてみる作者の探究心が好き。

読むと狩猟免許がほしくなります。

99位 ホットマン / きたがわ 翔

ホームドラマ漫画。

元不良の美術教師・円造が父親の異なる4人の姉弟と娘を引き取って家族する話。テーマは家族愛。

元不良の円造が病弱な娘を献身的に看護して「家族」を取り戻すために奔走する。

作品全体を通して不器用な父親・円造が愛娘を溺愛する超親バカっぷりは読んでてホッコリできる。

スポンサードリンク

 

98位 ムダヅモなき改革 / 大和田秀樹

タイトルと表紙がほぼすべての麻雀漫画のフリをしたギャグ漫画。

某元首相にそっくりな主人公が別国の元大統領やスーパーアーリア人である某独裁者のそっくりさんと麻雀対決する。

ヤツはツモるとき恐るべき握力で表面を削り取り白を作ったのだッ!!!

97位 ケロロ軍曹 / 吉崎 観音

カエルに似たオタクな宇宙人が地球を侵略する話。1話完結式のギャグ漫画。パロディネタ多め。

朝にテレビでアニメ流したらチビッ子に大人気になった。作者が超ガンダム好き。

96位 クロサギ / 黒丸,夏原武

詐欺師が詐欺師をハメる漫画。

主人公は詐欺師をターゲットに詐欺を働くクロサギの黒崎。

騙してると思ってる相手を騙してハメる様が楽しい。

スポンサードリンク

 

95位 死刑囚042 / 小手川 ゆあ

死刑囚が死刑代わりの新制度の被験体になる漫画。

殺意に反応して爆発するチップを頭に埋め込まれて、主人公の囚人042号(本名:田嶋良平)は社会奉仕活動として高校での清掃活動や植物の世話を行うことになる。

死刑囚が用務員をやるということで、主人公は高校生に最初は好奇の目で見られることになるが・・・。

設定でドロドロした話かと思いきやヒューマンドラマ。主人公はフツーにイイ奴だと思う。

94位 テラフォーマーズ / 貴家悠,橘賢一

火星でゴキブリを倒す漫画。

ゴキブリ対人間が好き。人間対人間のあたりは微妙。個人的には1巻が一番まとまってて楽しかった。

じょ、じょうじ

93位 風魔の小次郎 / 車田正美

「聖闘士星矢」の車田正美が描く学園忍術アクション。

空が裂け、大地は割れ、大気は凍り、星は砕ける最強の武器「木刀」を使って忍者同士が戦う。

何をいってるか分からねーと思うが、俺も何をいってるかよく分からない。

ざっくり言うと「伝説の十本の聖剣」と呼ばれる木刀同士でバトる漫画です。

風林火山

他に夜叉八将軍編とか風魔反乱編とかあるけど、そんな感じ。

92位 華麗なる食卓 / ふなつ一輝,森枝卓士

カレー漫画。

ずっとカレーの話してる。カレーにまつわる話しかしてないのに全49巻。マジか。

正露丸を砕いてカレーに入れたら美味しくなるらしい。マジか。

91位 CYBORGじいちゃんG / 小畑健

DEATH NOTEやヒカルの碁の作画してる小畑健の漫画。

農夫にして天才科学者の主人公・壊造時次郎が農作業用サイボーグになってドタバタする話。

寝てる間に家族もサイボーグに改造する。

ウィンクの運動エネルギーで衝撃波を生み出すとかくだらなくて好き。

90位 キャプテン翼 / 高橋陽一

王道サッカー漫画。

ドライブシュートだ!

89位 結界師 / 田辺イエロウ

「結界術」を使って、夜の学校を舞台に妖怪を退治する話。

学校が建ってる「烏森の地」は妖を呼び寄せ、さらに時間経過で妖を強くするヤバい土地。

主人公は舞台の中学校に通う中学3年生。

絵柄もストーリー展開もTHE少年漫画。主人公が使う「結界術」以外にも釘を使う「封魔術」や「風使い」、「妖混じり」など色々な能力でバトルする。

登場キャラの中では妖混じりの志々尾 限(ししお げん)が厨二っぽくて好き。

88位 進撃の巨人 / 諫山創

巨人を駆逐する話。

初めて読んだ時の衝撃が凄い。訳がわからないまま人が死んでく序盤の絶望感が半端ない。

87位 ドラゴンボール / 鳥山明

日本を代表するバトル漫画。

好きな漫画うんぬんというか、必修科目レベル。漫画で読んだことない人でもスーパーサイヤ人て単語は知ってるはず。

ツッコミ入りそうな順位だけど、個人的にはこれくらいの順位。

個人的には悟空が少年時代のドラゴンボール探したり、ピッコロ大魔王と戦ってるあたりが好き。

86位 BTOOOM! / 井上 淳哉

リアルボンバーマン漫画。孤島でサバイバルしながら爆弾で殺し合いする話。

主人公は定職につかずにオンラインゲーム「BTOOOM!」ばかりやっていた青年。気がついたときには南海の孤島に運び込まれ、他参加者たちとリアル版「BTOOOM!」をやることになっていたって設定。

作者が元ゲームデザイナーらしく、題材もゲーム作品。極限状態で追い詰められた人間同士が心理戦を繰り広げる。

すごい悪そうな高橋名人が出てくる。

85位 嘘喰い / 迫稔雄

ギャンブル漫画兼バトル漫画。

カイジのようなギャンブル要素にバトル要素が絡んだ作品。だんだんバトル要素強くなってる気がする。

ギャンブルの「立会人」兼「取立人」の方々がイカした漫画。

84位 砲神エグザクソン / 園田健一

巨大ロボットが出る大人向けSF漫画。

舞台は宇宙人と外交をしている地球。宇宙人の技術力は圧倒的で、ある程度の技術提供があるものの地球の技術力はまだまだ足元にも及ばない状態。

で、そんな状況で、いきなり宇宙人が友好条約を破棄して地球を植民地化すると言い出したから大変、てお話。

ロストテクノロジーを搭載した主人公の乗る巨大ロボット・エグザクソンが無双する話・・・かと思いきや、わりと政治的駆け引き要素強め。大衆を味方につけるために編集した映像をテレビに流したりする。

主人公の祖父の加農砲介(かのうほうすけ)が良い感じにマッドサイエンティストしててステキ。全7巻でサックリ終わる。

83位 Helck / 七尾ナナキ

ファンタジー漫画。

魔王が討たれたので、新魔王を決めるトーナメントを開催したら人間の勇者・ヘルクがエントリーしてきたって話。

ヘルク以外の人間はシリアス路線でマジメにやってるのに、魔族たちは基本的にユルい。ユルいくせに人間より強い。

最初はコメディ要素が多めだったけど、ヘルクの過去編あたりから一気にシリアスになってきた。

この作者の漫画、ユルくて好きだな。

82位 浅尾さんと倉田くん / HERO

高校生の日常漫画。

堀さんと宮村くん(以下、ホリミヤ)作者の商業誌連載。テイストはホリミヤと近いけど、ホリミヤより常識的で恋愛要素強め。

ホリミヤの方が好きなんだけど、ホリミヤは個人ホームページで連載してる漫画なので今回は除外。

読解アヘン

81位 テルマエロマエ / ヤマザキマリ

風呂漫画。

古代ローマ人の公衆浴場設計技師・ルシウスが風呂限定で古代ローマと現代日本の間をタイムスリップする漫画。
全6巻で終わるので、グダグダと間延びせずに一気に読める。

発想の勝利。古代ローマ人からしたら現代日本の技術は魔法みたいなものだよね。
ルシウスが日本人を指して言う「平たい顔の一族」って言い回しがすごい好き。

阿部寛主演の映画も面白かった。

80位 聖☆おにいさん / 中村光

神さま漫画。ブッダとイエスが下界のバカンスを満喫しようと、日本の安アパートでゆるく生活する話。

宗教っていう繊細なモチーフを題材にしているくせに妙にゆるい。

アーガペ!!アーガペ!!

79位 孤独のグルメ / 久住 昌之

おっさんが仕事の合間に一人でランチを食べるだけの漫画。

大衆食堂で主人公のおっさんがただ黙々と食事を楽しむシーンと心理描写が続く。
妙なリアルさがオモシロい。

うおォン 俺はまるで人間火力発電所だ

78位 3×3EYES / 高田裕三

不死身の主人公漫画。

「三只眼吽迦羅(さんじやんうんから)」という三つ目の妖怪であるヒロインのパイに、彼女と一心同体の不死人「无(ウー)」となった藤井八雲が一緒に人間になるために冒険をするお話。

インド神話とか中国の妖怪要素が多め。
ペルソナシリーズとかやっていて悪魔の名前を知ってたらもっと楽しい。

土爪(トウチャオ)!

77位 トライガン / 内藤泰弘

地球以外の星が舞台のガンマン漫画。

主人公は気の良い青年で、凄腕のガンマンで、とてつもなくタフで、筋金入りの平和主義者で、あまりのはた迷惑ぶりに局地指定災害扱いされた「人間台風(ヒューマノイド・タイフーン)」ことハンス・ヴァーピッド。

最初はガンマン漫画に終始すると思ったら、実は壮大な兄弟ゲンカSF漫画だった。

トライガンの後半から登場し、続編のトライガンマキシマムで相棒となる関西弁をしゃべる巡回牧師・ウルフウッドが超絶カッコイイ。

76位 イエスタデイをうたって / 冬目景

大学卒業後、フリーターとしてフラフラしていた青年とその周囲の人たちが織りなす人間ドラマ。

年の離れている二人のヒロインとの恋愛や仕事、受験や家族や夢といった問題に直面しつつ成長していく作品。

全11巻だが、4巻から5巻が出るまで3年あいたりして、なんだかんだ18年もやってた。

75位 魔人探偵脳噛ネウロ / 松井優征

魔人が探偵業を営む漫画。

推理云々じゃなくて、犯人の異常な心理とリアクションを楽しむ漫画。主人公のネウロが特殊能力「魔界777ツ能力(どうぐ)」を使って力業で解いてしまうので、探偵物なのに推理要素はほぼ皆無。作者自身も「推理物の皮を被った単純娯楽漫画」と述べてる。

至高にして究極の料理「ドーピングコンソメスープ」大好き。

74位 魁!男塾 / 宮下あきら

知っているのか雷電!?

王大人、死亡確認!

ワシが男塾塾長、江田島平八である!

-民明書房刊「魁!男樹」より-

73位 乙嫁語り / 森 薫

19世紀後半の中央アジアで色々な乙嫁が登場する話。

遊牧民独特の衣装や絨毯の書き込みが半端ない。
あと嫁が全般的に可愛い。

72位 出会って5秒でバトル / はらわたさいぞう,みやこかしわ

「唐突に殺されて、気がついたら能力付与されて殺し合いを強要されていた」。

導入部が理不尽な異能力バトル。
原作はWebマンガ。

主人公はゲーム好きでメチャクチャ頭のキレる高校生。
1対1やチーム戦など、提示される条件下のもとで能力の発動条件を調べながら戦闘を進めていく。

戦闘描写そのものよりも、HUNTER×HUNTERのように各能力の効果や条件を考えながら戦う思考が面白い。
主人公一人が頭良すぎるので、敵にも頭脳戦やるキャラが出たら面白くなっていきそう。

71位 ぼくらの / 鬼頭莫宏

地球を守るためロボットで戦う漫画。

勧善懲悪の純粋なロボット物かと思ったら、全然そんなことはなかった作品。
ロボットの動力源がパイロットの生命エネルギーなので、パイロットとして選ばれた少年少女たちが死にまくる。

アニメ主題歌のアンインストールが一時期流行った。

70位 ワシズ 閻魔の闘牌 / 原 恵一郎

麻雀漫画。真剣に麻雀はほとんどしてないので、「役満は凄い」ってことだけわかれば麻雀知識はOK。

アカギに登場する昭和の怪物「ワシズ」が主人公のスピンオフ作品。
ワシズの若い頃の話。
後半は失速気味だけど、序盤の龍神麻雀戦は下手なギャグ漫画より笑える。

ワシズコプター

ワシズ様強え

続編の「天下創生闘牌」より断然「閻魔の闘牌」が面白い。




69位 君に届け / 椎名軽穂

王道少女漫画。

主人公がいい子すぎる。
ていうか、登場人物全員いい奴だし、ピュア過ぎて悶絶ピュア死できる。

68位 鉄風 / 太田モアレ

主人公は性格のねじ曲がった天才肌の女子高生。
持って生まれた運動センスと長身を活かして「努力」せずにあらゆるスポーツができる。

本作は主人公がブラジルから来た帰国子女の格闘少女にフルボッコされるところから始まる。

端的に言うと、主人公のベジータがムカつく悟空に負けたのが悔しくて総合格闘技で「努力」するお話。

主人公のポリシーは「私は充実している人間を許さない」

67位 逃げるは恥だが役に立つ / 海野つなみ

契約結婚漫画。

30歳過ぎて独身だと親からも色々いわれるので、本作を読むとアリかなー、とも考えてしまう。

66位 ドロヘドロ / 林田 球

魔法使いに顔をワニ化&記憶喪失にされた主人公が、自分の顔と記憶を取り返すために顔を変えた魔法使いを探すところから始まるダークファンタジー。

ヘヴィメタルやハードパンクっぽい衣装や物のデザインが特徴。魔法使いはドクロ型や心臓型のマスクをかぶっている。

キノコになれ!

65位 仮面ライダーSPIRITS / 石ノ森章太郎,村枝賢一

みんな大好き仮面ライダーの話。

第一部は各ライダーたちのエピソード。
第二部は仮面ライダーゼクロスを主軸にした構成になっている。

事件が起こり、調査してると怪人が出てきてライダーが倒す。
典型的勧善懲悪モノっていうか、完全にテレビでやってた仮面ライダーなんだけどそれが良い。

ライダァァァ!!キィィィィック!!

64位 銀狼ブラッドボーン / 艮田竜和,雪山しめじ

ジジイ過ぎる吸血鬼ハンター漫画。

70歳の伝説の吸血鬼ハンター・ハンスヴァーピッドが歯の化物グリムと戦う物語。

歯の化物って設定も珍しいし、主人公がジジイなのも珍しい。
ジジイのくせにテンポ良く話は進む。

63位 亜人ちゃんは語りたい / ペトス

亜人(デミ・ヒューマン)の普通の日常を描いた作品。

サキュバスやバンパイアなどの亜人が出てくる作品はだいたいファンタジー物だけど、この作品は日本の社会に普通に(珍しいけど)亜人が暮らしている珍しい設定。
本作品で亜人は個性と認められている。

主人公は亜人が通う高校に勤める生物学教師。登場人物に亜人が多数出るが、普通の高校生活を普通に送るほのぼの系漫画。

62位 神さまの言うとおり / 金城宗幸,藤村緋二

高校生が死のゲームに巻き込まれる話。

ゲームの内容はだるまさんが転んだやジャンケン等、昔からある遊戯や事物をもとにしており、子供騙しと思いきやあっさり登場人物が死ぬ。無邪気な遊びと死ってコントラストのせいでエグい印象をうける。

主役級のキャラクターもあっさり死んだりして先が読めないストーリーが面白い。

61位 らんま1/2 / 高橋留美子

水をかぶると女になる漫画。

30年位前に始まった漫画なのに今のライトノベルみたいな設定。
作者の高橋留美子は間違いなく時代を先取りしたただの天才。

うる星やつらや犬夜叉よりコッチの方が好き。

60位 エンジェル伝説 / 八木教広

顔が怖いせいで誤解される高校生の話。

天使のようにキレイな心を持った主人公が、凶悪な顔つきのせいで不良と間違われ、さまざまなトラブルに巻き込まれていく。

だが彼の顔は怖かった

59位 今日からオレは! / 西森博之

ヤンキー初心者の三橋と伊藤が転校を期にヤンキーを始める話。

ジャンルはヤンキー漫画だけど、バトル要素は控えめ。
再起不能になるような暴力シーンはない。
むしろ日常のギャグ要素が面白い作品。

58位 バジリスク 〜甲賀忍法帖〜 / 山田風太郎,せがわまさき

甲賀と伊賀の忍者同士が戦う忍者漫画。

甲賀と伊賀は数百年に渡り争ってきたが、取りまとめ役の服部半蔵により、かろうじて和平を保っていた。
そんな折、徳川家の跡継ぎを決めるため、甲賀と伊賀で代表選手10名を選び忍術対決が行われることとなった。

全5巻で短く、テンポが良い。
個性的な忍者が多く出るが、バシバシ死ぬ。さっくり読めるが全体的にまとまっている良作。

最近はパチスロで有名。

57位 B.B / 石渡治

ボクシング漫画。B.B (Burning Blood) こと高樹翎(たかぎ りょう)と、彼の宿敵・森山仁(もりやま じん)との対決を巡る物語。

零距離で放つショートパンチの10cmの爆弾や攻撃を無効化する鋼鉄の肉体などの必殺技を駆使して戦う。

主人公のパンチ力が強すぎて悲劇を生んだり、予想外すぎる超展開のストーリーでサッパリ思い通りにいかない。
展開を先に知ってしまうと面白さが半減するので、事前情報なしに一気読みするのがオススメの作品。

56位 吼えろペン / 島本和彦

漫画家漫画。

いくつもの漫画雑誌で連載を持つ、熱血漫画家がトラブルに巻き込まれながら原稿を仕上げる話。
主人公のモデルは作者本人。

作者の友人である漫画家・藤田和日郎を元にした富士鷹ジュビロが出てくる話は全部面白い。

世界中の子供達に愛と勇気をね!与えてあげる前提で、まず怖がらせるだけ怖がらせてあげちゃうよーん!!一生残る恐怖と衝撃で、一生残る愛と勇気をね!!

55位 封神演義 / 藤崎竜

「封神演義」は「西遊記」や「水滸伝」と同じく中国に昔から伝わる小説の一つ。で、この作品はそのコミカライズ版。

今から3000年前の中国で乱れた国に変わり、革命による新王朝を作る計画「封神計画」を主人公の太公望が師匠から命令されて遂行する話。

序盤の人肉ハンバーグ、中盤の聞仲戦、終盤のドンデン返しと飽きることなく読める名作。

54位 ヴィンランド・サガ / 幸村誠

真の戦士とは何かを説く漫画。

主人公が立身出世する話かと思ったら、全然そんなことなかった。

53位 アクメツ / 田畑由秋,余湖裕輝

バイオレンス政治漫画。

日本を腐敗させる政治家・官僚を成敗していくバイオレンスアクション。

アクメツは下記内容で総理と契約し1ヶ月を駆け抜ける。

  • アクメツは悪を一掃し、総理は死ぬ気で構造改革に取り組む
  • 互いの期間は1ヵ月で、達成できなかったものは死をもって償う

成敗される政治家・官僚が顔はソックリだし、名前もほぼそのままだし大丈夫?と心配するレベル。

52位 ホーリーランド / 森恒二

ストリートファイト漫画。

いじめられっ子が右ストレートを鍛えて、夜の街でヤンキー狩りする漫画。右ストレート練習したくなる。

51位 スラムダンク

王道バスケ漫画。

すべてのバスケ漫画はこの作品と比較されるだろうってくらい名作。
これを読んでバスケ始めたって友人もたくさんいた。

アニメ版の主題歌も全部名曲だしズルい。

諦めたらそこで試合終了ですよ

50位 未来日記 / えすの サカエ

未来がわかる日記を使った殺し合い漫画。

主人公は傍観者したい中学2年生で、見聞きしていた全てを携帯電話に日記として記録するのが趣味。
ある日、日記にまだ経験していないできごとが書かれるようになってて、その日記通りのできごとが現実に起きるようになる。

未来日記は時空王の仕業で、次期時空王の座をかけて未来日記所持者たち同士のバトルロワイヤルに無理やりエントリーされるって話。

他の参加者はテロリストや警官、新興宗教の巫女など個性強め。ヒロインのヤンデレっぷりが凄い漫画。

49位 僕だけがいない街 / 三部 けい

タイムスリップを交えたサスペンス。

直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原因が取り除かれるまで、その直前の場面に何度もタイムスリップする能力を持つ主人公が現在起きている事件と、小学生時代に起きていた事件をタイムスリップしながら解決していく物語。

過去の行動が未来で意外なところに繋がっていたり、バタフライ効果が好きな人は非常に楽しめる作品になってます。

48位 究極超人あーる / ゆうきまさみ

私立春風高校を舞台に「光画部」(写真部)の面々が繰り広げる学園コメディ。

主人公は世界征服を企むマッドサイエンティストが産み出したアンドロイドのR・田中一郎。
ただし、本人に世界征服の気はなく、今日も美味しくゴハンを食べている。

特に大きなテーマもなく、変人たちが日常を送っていく作品。

47位 さよなら絶望先生 / 久米田康治

時事ネタをふんだんに盛り込んだギャグ漫画。

読み返すと、「ああ、あの頃こんなことがあった。」と思い返せるぐらい時事ネタが豊富。ハーレム物の漫画に対するアンチテーゼとして書かれていたかと思いきや、一番キレイな終わり方をしたハーレム物の漫画。最終話の評価はムチャクチャ高い。

46位 無限の住人 / 沙村広明

不死身の侍の話。主人公は身体に巣食う「血仙蟲(けっせんちゅう)」のおかげで不死身になった侍。腕が切り飛ばされてもくっつけておけば治る。

剣客集団・逸刀流に両親を殺されたヒロインが仇討ちのために主人公を用心棒にするところから物語は始まる。

第1話でいきなり逸刀流のNo.2を倒したり、主人公が不死身なだけで思いの外、弱かったりする。

登場する敵も妙に人間臭い奴だったり、ド変態だったりキャラたちまくり。

途中の「不死解明編」の中だるみ感が凄いけど、最終章のバトルは熱いので騙されたと思って最後まで読んでください。

45位 ブラックラグーン / 広江 礼威

タイの架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、運び屋をする主人公を含めた裏社会の人間たちが繰り広げるアクション漫画。

セリフ回しがスラングを多用してて独特。好きな人は好きだし、馴染めない人はとことん馴染めない。

神は留守だよ。休暇とってベガスに行ってる。

44位 それでも町は廻ってる / 石黒正数

下町育ちの女子高生・嵐山 歩鳥(あらしやま ほとり)を中心に描かれる日常コメディ。

マスターが「なんか巷で流行ってるらしい」と、よく知らずに始めたメイド喫茶と、メイド喫茶のある商店街が主な舞台。

日常ほのぼの系だが、幽霊や宇宙人、死後の世界や推理物をテーマにしたエピソードが唐突に始まり、主人公たちの日常を壊さずに終わる。エピソードはだいたい1話完結。長くても3話程度で読みやすい。

初登場だと思ってたキャラが前の話で通行人として歩いていたり、小ネタが多めで読み込むと面白い。

43位 ベルセルク / 三浦建太郎

ダークファンタジー。
端的に言うとデビルマン+ベルサイユの薔薇。

物語のスケールが壮大で本当に伏線が回収できるのか不安になるレベル。

主人公のガッツは生身の人間なのに化け物たちを大剣でなぎ倒していく。

42位 キングダム / 原泰久

中国の春秋戦国時代を舞台に奴隷の主人公・信が成り上がる話。

いわゆる歴史物。物語のテンポも良く、各武将に見せ場もあって面白い。

アメトーーク!でキングダム大好き芸人をやった翌日、全国の本屋さんで売り切れが続出したとかなんとか。

41位 傷だらけの仁清 / 猿渡哲也

元ヤクザが新たな人生を送るために頑張る漫画。

絆を求めて極道の道に入るも、少女を助けたことから表の世界で生きることを決めた元ヤクザが主人公。
ヤクザ時代には、刀や銃を相手にして素手で無敗を誇ったことから「素手ゴロ仁清」と恐れられていた。

卑怯な手を使うヤクザや殺し屋を素手で倒す勧善懲悪物。
猿渡哲也は高校鉄拳伝TOUGHの方が有名だけど、個人的にはこっちの方が好き。

40位 もやしもん / 石川 雅之

菌が見える大学生の話。

読むとビールとか日本酒が飲みたくなる。
大学2年生の先輩コンビが好き。

39位 ワンピース / 尾田栄一郎

世界的に有名な海賊漫画。

なんだかんだで面白い。
個人的にはアラバスタ編が最高に面白かった。

38位 キン肉マン / ゆでたまご

超人プロレス漫画。

序盤はギャグ漫画として始まり、途中からバトル展開になるジャンプによくある流れでプロレス漫画に移行します。

キャラそれぞれに個性のある、友情をテーマにした感動の格闘漫画です。

スピンダブルアームで投げられてるジェロニモを見て驚くジェロニモがいるとか突っ込みどころ多いのは公然の秘密

37位 ワンパンマン

強くなりすぎてなんでも一撃(ワンパン)で倒せるようになったヒーローの話。

ただのギャグ漫画と思いきや、戦闘も面白い。

主人公はやる気のない平熱系なんだけど、サブキャラたちが熱血漢だったり色々トラウマを抱えていたり、キャラが立ってる。

もともと個人が作者ホームページで公開していたWeb漫画。
面白すぎて作画をつけてリメイクされてる。アニメ化もしてて大人気。

36位 金色のガッシュ!! / 雷句誠

王道少年漫画。

天才中学2年生・高嶺清麿のもとに、謎の少年ガッシュが訪れるところから物語は始まる。
千年に一度行われる魔界の王を決める戦いの参加者だったガッシュは「やさしい王様」になるために清麿とともに戦いに臨む。

設定もオリジナル要素があるし、展開も熱い作品。子供向けの内容なんだけど、大人が読んでも泣ける。

ていうか、むしろ大人だと泣く。

35位 武装錬金 / 和月伸宏

るろうに剣心作者が描く錬金術バトル漫画。

るろうに剣心の方が面白いだろって言われそうだけど、大槻ケンヂ好きとしてはこっちの方が面白かった。
銀輪部隊とかそのまんま過ぎてステキ。

漫画自体おもしろかったのに、少年誌で掲載できないような戦い方をするせいで打ち切りになった。

ヒロインの口癖は「臓物をブチ撒けろ! (はらわたをぶちまけろ)」。

34位 ラブやん / 田丸浩史

ロリ・オタ・プーの三重苦が揃った青年・カズフサとラブ時空からやってきた天使・ラブやんが主人公の漫画。

恋愛を成就させるため、ラブやんがカズフサの元に来るが、カズフサの恋愛を成就させると犯罪になっちゃうし、そもそもカズフサがダメ過ぎて恋愛とか無理だしって話。

33位 GS美神 極楽大作戦!! / 椎名高志

悪霊や妖怪退治を生業にし、金にガメついゴーストスイーパー美神令子と下半身のままに行動する横島忠夫が繰りなすドタバタコメディ。

時給250円で雇われているアルバイトの横島がだんだん成長していき、最終的には主人公って横島だっけ?と思えるほど活躍します。

同作者の絶対可憐チルドレンよりコッチの方が好き。

32位 鋼の錬金術師 / 荒川弘

等価交換する錬金術漫画。

伏線を張るだけ張って、キレイに回収する作品。
大風呂敷を広げるだけ広げておきながら物語終盤で回収していくのスゴい。

ヒューズとラースが好き。

31位 ダイの大冒険 / 三条陸,稲田浩司,堀井雄二

ドラゴンクエスト漫画。

臆病で弱っちいただの人間ポップの成長譚。

俺を呼ぶなら大魔道士とでも読んでくれっ!

30位 マスターキートン / 浦沢 直樹

現保険調査員で、元サバイバル教官の考古学者というトンデモ経歴な主人公の人間ドラマ。

主人公はテロリストと対峙した際も、武器を携帯せずにありあわせのものでサバイバル術を活かしたトラップや、古代人たちの武器を再現して撃破する。

犬に襲われたら厚手の服を腕に巻いて、口に手を突っ込めばいいってことはわかった。

29位 伝染るんです。 / 吉田戦車

吉田戦車作の不条理4コマ。

かわうそ、しいたけなど独特のキャラクターがシュールなことをやる4コマ。

声優や着ぐるみの中を「中の人」と呼ぶのはこのマンガでかわうそが言った「下の人などいない!」から。吉田戦車は天才。

28位 ブラッドラッド / 小玉 有起

吸血鬼や狼男が戦う漫画。

東魔界のボスをやっていたオタクの吸血鬼・スタズのもとに女子高生・柳冬実が訪れる。
スタズは冬実をみて謎の感情を抱くが、冬実はいきなり魔物に食われてしまい、幽霊になる。
本作は冬実を生き返らせるために吸血鬼・スタズが奔走する物語。

絵柄もストーリーもThe少年漫画って感じがして好き。

27位 僕のヒーローアカデミア / 堀越耕平

ジャンプの王道少年漫画。

特殊能力「個性」をほとんどの人間が持っている世界で「個性」を持たない少年・デクが最強の個性を引き継いでNo.1ヒーローを目指す漫画。

展開も早いし、キャラクターも立ってるし今のところ言うことなし。続きが楽しみ。

26位 ハーメルンのバイオリン弾き / 渡辺道明

金にがめつい外道勇者が巨大バイオリンで奏でる魔曲によりモンスターを倒す冒険ファンタジー。

最初は完全にギャグ路線だけど、主人公の出自が明らかになるにつれてだんだんシリアス路線になる。

ポセイドン鍋とかパンドラの電子レンジとか好き。

ドはドリルのド、レはレーザーのレじゃ。

25位 DEATH NOTE / 大場つぐみ,小畑健

名前を書くと死ぬノートの話。

設定だけで完全勝利。映画も人気だった。

Lが出てる第一部が面白すぎて、第二部は盛り上がりに欠けるなと思ってたけどジェバンニが一晩でやってくれるシーンは好き。

24位 働きマン / 安野モヨコ

働く漫画。

1話完結式で、各キャラクターの働き方に関するインタビュー形式で物語が進む。

超面白いし、読むと仕事嫌いな私すら働きたくなる名作。

下手な自己啓発書を買うより、これ買って読んだ方が仕事へのモチベーションは上がる。

4巻で止まっており、作者自身が続きを描くのが難しいと明言してしまっているのが悲しい。

23位 蟲師 / 漆原友紀

超常現象漫画。

「蟲師」の主人公ギンコが旅をしながら「蟲」によって引き起こされる超常現象を解決したり見守ったりする漫画。
「蟲」は虫ではなく、精霊みたいなもの。

漫画自体は1話完結式でどこから読んでも楽しめる。いい話が多く、書き込みも綺麗な作品。

22位 はじめの一歩 / 森川 ジョージ

正統派ボクシング漫画。

作品中で試合を150戦以上してる(2016/07/10)してるみたいだけど終わる気配がない。

世界戦の鷹村戦は毎回熱い。主人公の一歩と千堂の試合も激アツ。

21位 天-天和通りの快男児 / 福本 伸行

福本作品の最高傑作。ちゃんと麻雀やってる。

途中から「天」ていうか「アカギ」になった。
有名な麻雀漫画「アカギ」はこの「天」のスピンオフ作品で「アカギ」の若い頃を描いた作品。

作中の「アカギ」は全盛期を過ぎた天才という設定だが、全盛期を過ぎていても登場人物の誰よりも強いしカッコイイ。

穴待ち四暗刻とか意味わからない(ほめことば)。

ああ・・・俺の暗刻はそこにある・・・

ほかのスピンオフ作品に「天」に出てきた井川ひろゆきが主人公の「HERO」もある。




20位 スプリガン / 皆川亮二,たかしげ宙

超古代文明の遺産オーパーツを巡るアクション漫画。

主人公は高校生の御神苗優(おみなえ ゆう)。
白兵戦とサバイバル技術の達人で、世界中を飛び回って遺跡が悪用されないように封印して回っている。

単独で完結する複数のエピソードで構成されており、長くても5話くらいで終わる読みやすさも良い。

厨二病全開の朧(おぼろ)さんが超カッコイイ。

19位 まんがサイエンス / あさり よしとお

個人的に一番面白い学習漫画。ネタじゃなくてふつうに面白い

「5年の科学」や「6年の科学」。発表形式が変わりつつも20年以上連載している超長期連載学習漫画。

1話完結方式で、ハイテク機械や環境問題、宇宙や人体などあらゆる科学のテーマを採り上げて学べる。

毎回、テーマに沿った怪人が講師として現れ、主人公たちに科学を説明していく。漫画自体のテンポも良く、内容がすんなり頭に入ってくる。

学習漫画の最高傑作。

同じ作者のワッハマンとどっち選ぼうかは最後まで迷った。ワッハマンは私が知ってる中で一番伏線の張り方がうまい漫画です。こっちもオススメ。

18位 すごいよ!マサルさん / うすた京介

シュールギャグ漫画。

謎の格闘技「セクシーコマンドー」の使い手として現れた主人公・花中島マサルがセクシーコマンドー部の部員たちと大会に出たり、温泉旅館に行ったりする話。

セガのロボピッチャやボスケテはセンス抜群。

17位 HELLSING / 平野耕太

化け物同士のバトル漫画。

主人公のアーカードがチート性能。
負ける要素がほぼ見当たらない。

戦争大好き少佐の演説が超有名。

16位 デッドマン・ワンダーランド / 片岡 人生,近藤 一馬

異能力バトルもの。漫画版『交響詩篇エウレカセブン』による監獄サバイバルアクション。

主人公は中学生の五十嵐丸太。長野県の疎開先で平凡な学生生活を送っていた丸太は、教室に現れた「赤い男」に眼の前でクラスメイト達を殺される。
なぜかクラスメイト殺しの犯人にされた丸太は民営化された刑務所「デッドマン・ワンダーランド」に入れられてしまう。

まず、絵がうまい。各話に見せ場があって、話も面白い。残虐描写が多めなので、グロ耐性ない人は要注意。ズッパシだ。

15位 寄生獣 / 岩明均

高校生が右手を謎の生物に寄生される漫画。

昔の作品ということと、グロい描写が多いことから毛嫌いする人も多いけど、すごい深いテーマの作品。10巻程度でコンパクトにまとまっているのでテンポも良く、無駄のないストーリーで完成度が超高い。

なぜか連載から20年くらい経ってからアニメ化もして映画化もした。

14位 マンガで分かる心療内科 / ゆうきゆう

メンタルクリニックの医師が原作の心理学漫画。

心理学が楽しみながら学べる。
変態が多すぎる。

13位 ばらかもん / ヨシノサツキ

イケメンだけどダメ人間な書道家が自分の作品を酷評した書道会の重鎮を殴って九州の島に送られるところから始まるお話。

島でやるよつばと。

書道家の半田のダメ人間っぷりと近所の子供たちの自由さが楽しいほのぼのできる作品。

12位 ダンジョン飯 / 九井 諒子

ファンタジー飯テロ漫画。

ダンジョンに潜りたいが、食費を買い込むお金がない。
じゃ、モンスターを食べちゃえ。という発想の勝利な漫画。

食材のモンスターが現実に存在しないので、再現飯はできないけど再現して食べたくなる。

ダンジョンの作りというか、RPG要素は初期の頃のWizardry。

11位 グラップラー刃牙 / 板垣恵介

格闘漫画。

シリーズが進むごとにトンデモないことになっていく。暴れるとGPSがズレたり、原始人やクローン人間も出てくる。すごい。

全選手入場です!!!!

10位 アイシールド21 / 稲垣理一郎,村田雄介

漫画の題材として珍しいアメリカンフットボールをテーマにした漫画。

今後、アメリカンフットボールの作品が描かれたらこの作品と比較されるんだろうなと思う。

題材は珍しいけど、スポーツ漫画として超一級品。最強のチームは優秀な選手が集まったチームのことではなく、一芸に秀でた選手が集まったチームだと教えてくれる作品。

9位 エアマスター / 柴田ヨクサル

ストリートファイト漫画。

主人公は元新体操選手だったが、身長が大きくなりすぎて新体操ができなくなった女子高生。異常に個性の強いキャラクターたちがストリートファイトする異種格闘技漫画。

言い回しやバトル描写が個性的で、何も考えずに読んで熱くなれる。物語中盤から開催される路上格闘家のランキングをめぐる「深道ランキング編」の面白さは異常。

全部思い通りになると思ってるそのニヤつき…、我慢ならねェ!テメェは…、地球ごとくたばれ!

8位 宇宙兄弟 / 小山宙哉

兄弟で宇宙飛行士を目指す漫画。

弟は一足先に宇宙飛行士になり、兄も周回遅れで宇宙飛行士を目指す。

兄弟揃ってウルトラハイスペック。

夢を追うことの素晴らしさを教えてくれる漫画。読むと涙腺崩壊する

7位 3月のライオン / 羽海野チカ

将棋漫画。

周囲に溶け込めない高校生プロ棋士・桐山零(きりやま れい)が周囲の人々と関わることで成長していく漫画。

将棋漫画なのにご飯が美味しそう。飯テロ漫画。

通しで読むと涙腺が崩壊する。

6位 HUNTER×HUNTER / 冨樫義博

異能力バトル漫画。

ストーリーはずっと面白いし、戦闘も面白い。
キャラクターも個性あるし、設定も秀逸と文句のつけようがない漫画。

唯一の弱点は休載がめちゃくちゃ多いこと。
連載再開するだけでニュースになる。

先生、続きまだですか。

5位 うしおととら / 藤田和日郎

お手本のような少年漫画。

主人公のうしおが自宅の寺の蔵で槍で封じられた妖怪とらに出会うところから物語は始まる。

伏線の回収が超秀逸で、すべてのエピソードはラストバトルを盛り上げるためにある。
ラストバトルの熱さは全漫画一だと思う。

おまえ達の旅は無駄では無かった

4位 ケンガンアシュラ / サンドロビッチ・ヤバ子,だろめおん

企業間の争いを闘技者同士の決闘で決める漫画。

新技術の特許や駅前の開発権など巨額の利益が絡む争いごとについて、企業の代表闘技者同士が素手の決闘を行う漫画。

主人公は経歴不詳の闘技者・十鬼蛇 王馬(ときた おうま)と冴えない中年・山下 一夫(やました かずお)。

登場する闘技者の格闘スタイルがバラエティに富んでおり、総合格闘技の世界王者や暗殺専門の一族、将棋が強い一般人や夢の国の使者などが登場する。企業同士の駆け引きも面白いし、もちろんバトル描写も凄い。

現在連載している週刊漫画で一番更新を楽しみにしてる作品。

3位 ジョジョの奇妙な冒険 / 荒木飛呂彦

能力バトル漫画。

好きな人は超好き。めっちゃハマる。
信者多数。

独特なキャラクター、能力、言い回し、効果音、ジョジョ立ちで独自の世界観がある作品。

読んだことない人は騙されたと思って読んでほしい。
「絵が無理」って人はいるけど、だんだん慣れてくる・・・っていうか絵柄が好きになってくるから(笑)

能力が形になって発動する「スタンド」が登場する第三部からが人気。

個人的には能力が多種多様で頭脳戦も多いけど、全体的にほのぼのしてる第四部が一番好き。

2位 パンプキンシザーズ / 岩永亮太郎

戦災復興漫画。

マンガランキングの記事で見ないけど、隠れた名作。

主人公は「パンプキン・シザーズ」隊長の女性貴族と戦時中に非公式部隊に所属していたスラム街出身の臆病な巨漢。

長い戦争が終戦してから3年後が舞台。人体実験の結果、戦車を自殺みたいな戦い方で倒すようになった巨漢が戦災復興専門部隊「パンプキン・シザーズ」に配属されるところから物語は始まる。

名台詞の宝庫。脇役だと思ってたナースがテロリスト相手に啖呵を切るシーンが好き。

1位 よつばと

日常系まんがの金字塔。とりあえずほっこりする。

主人公は遠い海の向こうの島から来た強烈に元気な女の子「よつば」。

物語は「よつば」と「とーちゃん」の親子が引っ越してくるところから始まる。

とーちゃんの友人「ジャンボ」や「やんだ」、隣に住む美人三姉妹、姉妹の友人たちと織りなすハートフルコメディ。

作品に出てきた「ダンボー」は海外で写真集が作られるほど人気のキャラクターになりました。

おわりに

長い!!!!

軽い気持ちではじめましたけど、大変でした。

紹介うんぬんよりも漫画のランキング付けが大変。ぶっちゃけ30位より下は大差ないです。順位つけた後に見返すと入れ替えたくなります。

そのときの気分や年齢、ハマってるものによっても変わるし、記憶を掘り起こして書いたので最近読んだものの評価が高くなったりしてます。

このランキングは記事を書いた時点の私がつけたランキングですので、今後変わることもあります。ご了承ください。

以上、【100選】1万冊以上読んだ中から選ぶ絶対に面白いオススメ漫画ランキング!!【2017年版】でした。

 - マンガ